歯医者は、ドクター・衛生士・歯科助手・受付で成り立っています。

歯科助手はもしかしたら受付と兼任しているかもしれません。

 

受付での仕事は、一概に受付だけではありません。

歯医者で最初に患者様をお迎えし、送り出す役目を持つ受付の仕事内容を少しお話し致しましょう。

 

歯医者に来られる患者様のほとんどは痛みや口腔内に気になるところがあって来院されます。

お出迎えの際には柔らかい笑顔を、そして爽やかなご挨拶をします。

そして問診票をお渡して記入いただき、患者情報をレセコンに入力します。

受付が終わると次は、歯科助手に患者様が来られたことを伝え診療案内をしてもらいます。

そして歯科助手が患者様の主訴をお伺いしドクターに伝え診療が始まります。

診療が終わった後、受付では患者様のお会計と次回予約を取ります。

次回予約には治療上ある一定の期間を空けなければいけない場合や技工物制作に要する時間に気を付けなければならないなど沢山あります。

また、予約管理は一日の診療がスムーズに進むよう管理徹底が重要とされます。

もちろん電話での予約変更などもあります。

ここまでが患者様への受付の対応となります。

クリニックに来院され最初に会うのが受付であり、最後に会うのも受付なのです。

受付はクリニックの顔ともいえる重要な役目を担っており、これから治療を受けようと来院される患者様に安心して治療を受けて貰えるかがかかっています。

また状況に応じて臨機応変な対応も求められます。

クリニックの清掃、備品の発注や売り上げの管理、リコール、レセプト業務など直接患者様と関係のないことも受付の仕事です。

 

一日一日があっという間に過ぎます。高い責任感を求められる仕事ですが、非常にやりがいのある仕事とも言えるでしょう。