福利厚生がない企業のデメリット
・採用に苦戦する
・従業員の離職が多く、人材が定着しない

最近は有効求人倍率が過去最高の水準となり、転職者の売り手市場となっているため、
優秀な人材を獲得しようと、多くの企業が、少しでも企業のアピールになるようにと、
福利厚生を充実させています。

そのため、福利厚生がない企業は必然的に人材の確保にますます苦戦することが予測されます。また、既存の社員も他社の待遇に目移りし、離職してしまう可能性があります。

このように、優秀な人材が確保出来ないことはおろか既存社員が競合他社へ流れ込み、人材が定着しないという負のスパイラルに陥ることも想定できます。

福利厚生を整えることによるメリットは以下の通りです。

・優秀な人材を確保しやすくなる
・社員のモチベーションがアップする
・社会的信用が高まる

福利厚生を整えることで採用における不利な材料が減るため、採用活動は進めやすくなるでしょう。

また、既存社員のモチベーションが上がれば定着率のUPも期待できます。

福利厚生が整っていることで「従業員のことを大事にする会社」と認識されるため、社会的な信用も高まります。

法律で義務付けられている「法定福利厚生」
1.健康保険
2.厚生年金保険
3.雇用保険
4.労災保険

まずは、上記の法定福利厚生の導入を検討されることをお勧めいたします。