給与条件や休日等の条件が他医院と比較し同様であったり、或いは多少劣っていたとしても、求職者が入職を決めるにあたって、面接官の面接力が大きく影響します。

 

面接で「この歯科医院には入職したくないと思った」理由として、約75%の方が、面接官の人柄・印象が悪かったことを理由として挙げています。

逆に、「この歯科医院に入職を決めた」理由として、50%以上(最も多くを占める)の求職者は面接官が決め手と話しています。

面接力を高める事は、採用力を高める事に直結します。

 

面接官が求職者に与える影響はかなりのものなのです。

 

1:共通の話題『就活』

 

求職者の中には、面接で普段の力を出し切れない人も沢山おられます。

出来る事なら、すぐ緊張をほぐしたいところですが、どのようにして相手をほぐして良いかわからないと思います。

そこで重要なのは、共通の話題を持つことです。

そして必ず共通の話題にできるのが、就職活動、つまり就活です。

相手は面接をしている時点で、必ず就活をされています。そして歯科医院に勤める面接官自身も就職活動の経験を持っています。

どのような歯科医院を探していて、何をやりたいのか、どんな歯科医院に応募したのかなど、求職者が話しやすい話題から面接を始められる事をお勧めします。

 

2:興味を持つ

 

どんな方が相手でも、必ず興味を持つこと。

面接の一番大事なポイントは、動機形成です。

動機形成を上手に行うためには、求職者の興味関心を見抜き、それをトークに活かしながら、口説くことが必要です。

興味をもって、話を聞くことで、相手が本当に興味を寄せている部分に気が付きやすくなります。また相手が質問をしてきた際に「その質問の背景にあるのは何だろう」と深掘りの思考を持てるようになります。