給与条件や休日等の条件が他医院と比較し同様であったり、或いは多少劣っていたとしても、求職者が入職を決めるにあたって、面接官の面接力が大きく影響します。

 

面接で「この歯科医院には入職したくないと思った」理由として、約75%の方が、面接官の人柄・印象が悪かったことを理由として挙げています。

逆に、「この歯科医院に入職を決めた」理由として、50%以上(最も多くを占める)の求職者は面接官が決め手と話しています。

面接力を高める事は、採用力を高める事に直結します。

 

面接官が求職者に与える影響はかなりのものなのです。

 

 

5:ダイレクトに聞く

 

例えば採用ターゲットが『リーダーシップのある人物』だったと仮定します。

リーダーシップがあるかないかを見抜くために、各医院で行われている典型的な質問は「周囲からはどのような人だといわれますか?」であったり、「率先して行った出来事についてお話ください」というものがあるが、これでは余計な答えが返ってきて、見抜きに時間がかかります。

もっとダイレクトに、「あなたはリーダーシップのあるタイプだと自分自身で思いますか」と聞いてみましょう。

そうすれば最短で、聞きたい情報を聞くことが出来ます。

 

6:心理の罠に気を付ける。

 

面接官が陥りやすい、心理学的な罠があります。特に『ハロー効果』は多くの面接官の目を鈍らせてしまいます。

ハロー効果とは、部分的な印象で、求職者全体を判断してしまうこと。「この人はハキハキして話すので、行動的だ」

寛大化とは、出身地や学校などの共通点があると、優遇して採用してしまう事。

メラビアンの法則とは、視覚的な情報で、その人全体を判断してしまうこと。「字が下手なので、細かい仕事ができないだろう」

対比効果とは、前後の求職者と、目の前にいる求職者を比べてしまう事。