給与条件や休日等の条件が他医院と比較し同様であったり、或いは多少劣っていたとしても、求職者が入職を決めるにあたって、面接官の面接力が大きく影響します。

 

面接で「この歯科医院には入職したくないと思った」理由として、約75%の方が、面接官の人柄・印象が悪かったことを理由として挙げています。

逆に、「この歯科医院に入職を決めた」理由として、50%以上(最も多くを占める)の求職者は面接官が決め手と話しています。

面接力を高める事は、採用力を高める事に直結します。

 

面接官が求職者に与える影響はかなりのものなのです。

 

8:自分を語る

 

学生や転職希望者は、面接官というフィルターを通して企業を見ています。

面接官が語る医院像は、もちろん求職者にとっての判断材料になりますが、それよりも面接官自身が語る体験談の方が、求職者に魅力として伝わりやすい(動機形成に繋がりやすい)です。

面接官自身が行ってきたことを、武勇伝にならずに話せるように心がけてください。

 

9:動機付け

 

動機形成する上で重要なトークは、全部で5つあります。求職者のビジョンや考え方に合わせて、最適なものを選ぶことが重要です。

・入職後の姿

・ノウハウやスキルアップ

・キャリアビジョン

・ロールモデル

・事業や医院の意味と目的

 

10:クロージング

面接官と採用チームが一致団結し、全員体制で心がけてほしいのが、クロージングです。

面接官は、面接の終わりには必ず『目を合わす』『握手をする』ことで、求職者に医院を刻む込むことをお勧めします。