歯科衛生士の国家資格をお持ちの方、また今後取得を目指している方が、仕事先として考えているのは、そのほとんどが大小様々な規模の「歯科医院」ではないかと思われます。

 

しかし、歯科衛生士の資格が活かせるのは、歯科医院だけではありません。

 

なかなか希望する仕事先が見つからない場合は、考え方を変えてみるのも一つの手です。

 

■歯科衛生士としてどこで働くか

歯科衛生士の就職先は、事実、歯科医院が最多ではありますが、それ以外の働き方ももちろん選べます。たとえば、保健所や介護施設などで、歯の健康指導の専門スタッフとして働く道もあるのです。予防しかのエキスパートとして、そういった場所でも、歯科衛生士は広く求められています。

 

その他、総合病院や大学病院の口腔外科、歯科などで働くのも刺激的かもしれません。大きな病院での仕事には、町の歯医者さんのまた違う規模の人間関係があり、学習・成長の機会があります。高額な顕微鏡や各種の設備を導入している大学病院や口腔外科なら、先端的な歯科医療にかかわることもできます。

 

これ以外にも、実際、歯科医衛生士の資格を持つ人は、歯科材料メーカーや歯科専門の機材メーカーの営業として働いていることも多いようです。また、一定程度の実績を積んでから、歯科衛生士を養成するための指導者として、講師という働き方も考えられます。

 

幅広い環境での活躍ができるので、「歯科衛生士の資格を取ったのだから歯医者さんで働こう」と考えるばかりでなく、それ以外の道を探してみるのも良いでしょう。

 

■もっとも求人数が多いのは歯科医院

ここまでいくつか例を挙げてきましたが、とはいえ、歯科衛生士の就職先としてもっとも多いのは、歯科医院です。町の歯医者さんで、歯科医師のそばに立ち、治療をスムーズに進めていくためのサポート役として、歯科衛生士の存在は欠かせません。歯科助手では口の中が触れないので、治療の補助だけでなく、歯石除去や歯のクリーニングのために、歯科衛生士を多数採用している歯科医院もあります。

 

事実、歯科衛生士の求人数がもっとも多いのも、歯科医院です。歯科衛生士の養成学校には、必ずその中に就職コーナーが設置されていますが、その一覧を見ても、求人票の多く個人規模の歯科医院です。最初はそこからキャリアをスタートさせる人が多い現状があります。

 

ちなみに、養成学校では、国家試験に合格する前に、歯科衛生士の仕事を探す人が多いようです。その場合も、町の歯科医院に、全国で受け入れ先が多数あります。

 

また、結婚、出産後の職場復帰にも、衛生士の求人は歯科医院が最多です。

 

■もっと頼られる歯科衛生士になるために

歯科衛生士はそれだけでも有利な資格ですが、キャリアアップすれば、さらに引く手あまたです。今の資格に足して、「専門歯科衛生士資格」「ケアマネージャー」といった資格を取れば、さらに歯科衛生士としての自分の付加価値を高め、良い条件の仕事が探せます。