歯科医院には、医師や歯科医衛生士だけでなく、「歯科助手」という働き方があります。

 

歯科助手は、病院で、歯科医師と歯科衛生士をサポートするスタッフです。主な業務内容としては、来院者の受付、カルテの管理、診察台への案内など、一般的なところです。薬の受け渡しや会計、電話対応などもありますが、「特別なスキル」は基本的に要求されません。

 

唯一、“歯科医院らしい仕事”があるとすれば、セメントや印象材などを練るという業務や「石膏注ぎ」と言われる歯の模型作りですが、この仕事に関しては歯科衛生士の領分としている病院も多く、また仮に任されるとしても、「慣れ」で十分に習得できる仕事です。

 

バキュームやライトで口腔内を照らす仕事も歯科助手に任されることがありますが、こちらも歯科医衛生士の領分としている医院が多く、とはいえ歯科助手に責任あるこの仕事が任されることも少なくありませんが、基本は、事務作業やその他一般的な仕事が主です。

 

■未経験でも働ける歯科助手という仕事

歯科助手として働くために、特別な資格などは必要とされません。

 

この点を多くの方が誤解されているようですが、これまで一切歯医者とは仕事上かかわりのない職業をしていた人でも、採用されれば、明日からでも歯科助手になることはできます。経験者が多いのも確かですが、学生や主婦などを中心に、女性が主に採用されやすい仕事で、雑務メインとなる場合には、経験の有無を問わない歯科医院も数多くあります。

 

ただし、未経験から働ける歯科助手という仕事ではありますが、職場はれっきとした医療機関であり、患者さんからすれば、同じ白衣を着ている人は助手も衛生士も区別はありません。医療に携わる人間として、丁寧な態度や仕事ぶりも求められることになります。

 

■未経験から働くためには「向学心」をアピールする

資格なしでも働ける歯科助手という仕事ですが、医療現場での経験がまったくない、医学的知識がゼロという状態の求職者の採用には、歯科医院側も多少、躊躇はするでしょう。

 

まったくの未経験から歯科助手を目指すならば、「資格取得のために勉強中です」ということはアピールをした方がいいかもしれません。これは必ずしも本心というわけではなくても、たとえば、歯科助手の参考書を見ておくだけでも問題ありません。実際、参考書などを見て、「攝子」「鉗子」「バキューム」「クラウン」などといったものの名前が頭に入っていると、仕事に馴染んでいくのも早くなります。

 

実務でわからないことがあれば、歯科医師や衛生士に質問すればいいわけで、一般的に歯科助手に任される仕事に高度な技術などは必要とされません。むしろ大切なのは、そういった質問や意思疎通ができる「人柄」ということなので、そういう性格面をアピールするために、面接にはなるべく和やかなオープンな態度で臨み、面接の最後で「何か訊きたいことはありますか?」と言われたら、実際に逆質問するくらいの積極性は見せましょう。

 

働き始めてみて、経験も重ねていくと歯科助手の仕事も多様化してきて、病院によっては医師の横で治療を助ける場面も出てきます。そうなれば「やりがい」も深まるでしょう。