雇用形態には様々な種類があります。

正社員・契約期間が決まっている契約社員・時間給で働くパートとアルバイト、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

正社員のメリットとして雇用が安定しておりよほどのことがない限り解雇されることはありません。また賞与や退職金・福利厚生の範囲も広く、昇給や昇進のチャンスもあります。

デメリットは、転勤の可能性や長期休暇が取り辛い傾向にあります。

一概には言えませんが苦手な人がいた場合に部署替えや移動がない限り苦手な人との付き合いから逃れることが出来ません。

また、ほとんどの企業で正社員は副業を禁止されています。

 

契約社員のメリットは専門的な能力とスキルを期待されて契約される場合が多い為、自分のスキルを活かして働くことができます。

また、副業も出来るため時間を有意義に過ごすことが出来ます。

デメリットは、長期雇用が難しく契約更新でなければ転職をしなければなしません。

また正社員と違い退職金が出ない場合や賞与も少ない・福利厚生が充実しない場合があります。

 

パートタイム・アルバイトで働くメリットは、採用されやすく採用基準が正社員・契約社員に比べて緩やかです。また勤務日数や休日に自由がきくので趣味や予定に合わせて休むことが出来ます。特定の期間や短時間だけ働くことが出来ます。アルバイトやパートは副業も可能で様々な職種を経験することが出来るため幅広く見識を身に付けることが出来るでしょう。

デメリットは、長期の安定した雇用ではないことや安定した収入が見込めないことや生活をしていく上での不安はあります。また、時間給になるので賃金が安い事や社会的信用は低い為、クレジットやローンの審査を受ける時に非正規雇用では不利であると言えるでしょう。

 

自分に合った働き方を知ること、また見直すことでより生活を向上させることが出来るでしょう。